美容液は成分に注目して選ぶ

乾燥肌やシミを改善したい場合

美容液は高ければいいというわけではありません。きちんと自身の肌の悩みを解決してくれるものを選ぶ必要があります。そのためには、美容液を選ぶときに成分に注目することが大切です。たとえば、乾燥肌を改善したいという人の場合は保湿効果の高いものを選ぶ必要があります。保湿効果のある成分は、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどです。これらの成分は肌の保湿を促進させて、肌に潤いを与えてくれる成分なのです。そのため、これらの成分が配合されている美容液を選ぶといいでしょう。また、肌のシミを解消したいという人には美白成分が配合されている美容液が望ましいです。たとえば、トラネキサム酸、コウジ酸、ビタミンC誘導体などです。これらは抗酸化作用が高くて、シミの原因であるメラニン色素の生成を阻害してくれます。

肌のたるみやシワが気になる場合

肌のたるみが気になっている人は、肌に弾力性をもたらす効果を期待できる成分が配合されている美容液がおすすめです。そもそも肌のたるみは加齢によって肌の美容成分が少なくなっていたり、表情筋の衰えが原因です。たとえば、マツキエスやコエンザイムQ10などの成分は肌のハリやツヤを出したり、リフトアップの効果を期待できます。また、肌のシワを改善したい人には、ナイアシンアミド、レチノール、アスタキサンチンなどの有効成分が配合された美容液が効果的です。特に、ナイアシンアミドはビタミンBの1つであり、真皮層のコラーゲンを生成する働きがあります。シワの改善だけでなく肌荒れの防止効果も期待できます。そして、レチノールは肌のターンオーバーを促進させて肌の若返り効果も期待できます。