クレンジングは刺激の少ないものを!

なぜクレンジングが必要?

クレンジングは、メイクや日常生活を送る上で付着した油分を落とすために必要なスキンケアのひとつです。水だけでは落ちない油性の汚れを残したままにしておくと、毛穴の汚れがひどくなりニキビなど肌荒れの原因になります。ただし、クレンジングの洗浄力が強すぎたり、クレンジングの方法を間違えたりすると肌に必要な皮脂まで取れてしまい、かえって肌トラブルにつながることもあるので注意が必要です。

クレンジングを行う際はパッケージなどに書かれている適量を守り、肌を強くこすらない様に優しくクレンジング剤をなじませます。また、高温のお湯は使わずにぬるま湯ですすぎを行うこともポイントです。クレンジングをした後の肌が乾燥している様に感じたら、クレンジング剤が合っていないサインかもしれません。

自分の肌にあったクレンジング剤とは?

クレンジング剤には多くの種類がありますが、洗浄力が高いものはその分肌に負担がかかりやすいという弱点もあります。洗浄力が高いクレンジング剤は手軽に汚れを落とす事が出来ますが、摩擦や肌への影響を考えると毎日使うのはさけた方が良さそうですよね。刺激の少ないクレンジング剤にはミルクタイプやクリームタイプなどもありますが、オイルを固めてあるクレンジングバームは、保湿力が高く乾燥肌に悩んでいる人におすすめのアイテムです。バームを手の平で溶かしてオイル状に戻してから使用します。

さっぱりとした洗い上がりが好きな人なら水性タイプのジェルクレンジング剤もおすすめです。厚みがあるジェルはクレンジングをする際に指が顔に届きにくいため、肌への摩擦も少なくすむのがポイントです。同じ摩擦が少ないアイテムであれば泡クレンジング剤もあります。自分の肌の状態に合わせて、刺激の少ないクレンジング剤を選ぶようにしましょう。